アプリ ゲームアプリ

【戦国炎舞 -KIZNA-】の評価レビュー|武将を使って合戦してみた

投稿日:

 

戦国炎舞 -KIZNA-ってどんなゲーム?

 

合戦っていったい何するの?

 

実際のゲームの様子が知りたい!

 

こんな風に考えている人に向けて、この記事では解説しています。

戦国炎舞 -KIZNA-について知りたい人には、特におすすめの記事になっています。

 

↓↓20秒ほどのPVです↓↓

 

戦国炎舞の評価レビュー

戦国炎舞 -KIZNA-をいくつかに分けて、評価レビューしていきます。

 

グラフィック

戦国炎舞のトップ画面のグラフィック

戦国炎舞KIZNAはカードを使って対戦するスタイルなので、グラフィックは基本的に静止画です。

 

戦国時代に存在していた武将たちがカードになって登場し、合戦やストーリー、協闘バトルの中で扱います。

昔ガラケーで流行ったGREEのドラコレを思い出すグラフィックですね。

 

最近では3Dのゲームアプリが多いため、カード形式のゲームに懐かしさを感じます。

高画質グラフィックのゲームアプリが多い中、6周年続く支持をどのように受けているのか気になる所です。

 

ストーリー

戦国炎舞のストーリーに登場する戦場

ストーリーでは画像のように、過去の戦場が舞台になっていて、それぞれ100%コンプリートを目指して攻略していきます。

 

戦国炎舞KIZNAのストーリーにおけるバトル

バトルでは雑魚的が途中に現れ、鉄砲が騎馬、刀のどれか選択して討伐します。

3つの行動にはそれぞれ攻撃力が決められていて、その分だけ残りの敵戦力を減らすことができます。

 

敵戦力を0にすると、その舞台での敵将(ボス)が現れ、全敵将を討伐する事で戦場をクリアできます。

 

バトルシステム

戦国炎舞KIZNAのバトルシステムを、合戦を例に解説していきます。

戦国炎舞の

合戦でのバトルは、カードとカードが対面する形になっていて、それぞれの陣地に武将カードが表示されます。

画面上部にあるゲージには、連合の合戦ポイントがあり、合戦終了時に合戦ポイントが高い方が勝利となります。

 

合戦では攻撃・遠距離・応援の動作が行えて、味方チームを支援・回復したり、敵チームに攻撃ができます。

攻撃したり、支援したりする事で、所属している連合に合戦ポイントが加算されていくため、どれだけ戦いに貢献したかが重要になります。

 

私は戦国炎舞KIZNAを始めたばかりで後衛に配置されていますが、高レベルの人が基本的に前衛に配置されます。

画像にはコンボ数が表示されていますが、コンボ数が多いほど攻撃や応援の効果が高くなるため、30分の間に多くのAPを使って行動量を増やすのがおすすめです。

 

戦国炎舞KIZNAでのバトルで合戦勝利

合戦に勝利すると絆Pなどの報酬が獲得出来て、さらに連合階級の昇給に近づきます。

上位階級限定の武将カードも存在しているので、メンバーとの協力しがいがあるシステムになっています。

 

キャラクター

戦国炎舞KIZNAのキャラクター

キャラクターの最高レア度はレジェンドランクで、条件を達成する事で獲得できます。

無料ガチャイベントもよく開催されているため、SSRに関してはすぐ集まる印象です。

 

合戦では上位プレイヤーが強化レベル・スキルレベル共にMAX、覚醒状態で、攻撃を繰り返していました。

それと同時に合戦ポイントが大幅に上昇していたので、LR(レジェンドランク)の武将が勝利するためのカギになるでしょう。

 

ゲームするにあたって気になる点

次に、ゲームするにあたっての気になる点です。

 

マルチプレイや協力プレイはある?

戦国炎舞 -KIZNA-にマルチプレイコンテンツはあります。

解説してきた合戦だけでなく、協闘プレイというコンテンツもあり、フレンドとリアルタイムで協力しながら、敵連合や敵将の討伐を目指します。

 

掲示板には味方メンバーの動向が表示されているので、それを参考にしながらアクションして連携を取りましょう。

また、実際のリアルな友達と電話しながら、プレイするのも楽しそうです。

 

まとめ

戦国炎舞-KIZNA-の評価レビューについて解説してきました。

 

登場する武将キャラクターは美男美女が多く、静止画で上手に描かれているのがいいですよね。

キャラクターそれぞれにポジションごとのスキルや継承、秘技などが用意されていて、パワーアップ要素が多く用意されているのに好印象を持ちました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

 


あなたにおすすめの記事

-アプリ, ゲームアプリ

Copyright© もしだい.com , 2019 All Rights Reserved.