資格

宅建を使った就職について|年収や業界などから解説

更新日:

 

もっとも有名な国家資格とも言われる宅建。

 

「宅建の資格を取れば就職が有利になる?」

 

「頑張って宅建を取れば年収が上がる?」

と疑問をお持ちの方もいるでしょう。

 

この記事では宅建を使った就職状況や年収について解説するので、ぜひ勉強の前にチェックしてください。

 

 スポンサーリンク

 

 

宅建資格を使った就職

宅建資格を使った資格

宅建資格は有名な国家資格であり、難易度もある程度高いため不動産などに関する興味や知識を示すにはぴったりです。

また宅地建物業務をしている企業は法律上宅建士を必要としているので、宅建士資格があれば有利に就職を進められるでしょう。

ここからは新卒・転職・再就職に分け宅建資格を使った就職について解説していきます。

 

新卒

最も受験者数の多い国家資格である宅建は、新卒の就活でも有利になります。

特に不動産関連の会社を目指している人であれば、入社後に宅建資格を取得するよう求められる場合もあるので就職段階で持っていれば高評価につながります。

 

実際にいくつかの就職サイトで調べてみると、宅建を持つ学生の1時面接を免除する会社などもありました。

また資格手当などの支払いを約束する企業も多くあることから、宅建資格取得は新卒就職に有利だと言えるでしょう。

 

転職・再就職

宅建は、転職・再就職の際も有利に働きます。

特に即戦力が求められる転職・再就職の場では資格を取得しているかどうかが重要なポイントとなります。

 

宅建資格に加え、不動産業務の実経験があれば、就職は非常に有利になるでしょう。

転職サイトをいくつか調べると、「宅建保有者歓迎」「資格手当支給」という内容の求人を出している企業が多くあります。

もちろん宅建資格のみで優秀な人材が揃う大手企業に就職できるケースは稀ですが、不動産業を営む会社相手であれば宅建がマイナスに働くことはほぼないでしょう。

 

 スポンサーリンク

 

宅建資格取得者の年収

宅建資格取得者の年収

「就職先があるかどうか」だけでなく宅建士の年収についても気になっている人は多いはずです。

宅建士資格を持つ人の年収は会社や年齢によって異なりますが、手当てが支給される不動産業界の場合500万円前後となっているようです。

ここからは宅建資格取得者の手当や給与の内訳について、例を挙げながら解説していきます。

 

資格手当

宅建士を必ず雇わなければいけない不動産会社や、住宅メーカーなどの場合宅建資格に対して手当てを支給するケースが多くあります。

資格手当の額は会社によって異なりますが、1万円~3万円ほどが相場になっています。

 

しかしリフォーム会社など、宅建士をそれほど求めていない会社では資格手当が支給されないこともあります。

また不動産業界以外では宅建士の需要が低いため、資格手当の設定自体がない業界も多いです。

 

歩合制

宅建士資格を生かし不動産営業などをしている場合、歩合で収入が変動するケースもあります。

歩合制の場合会社によって給与は変わりますが優秀な営業マンであれば100万円以上の年収アップもあり得るでしょう。

しかし現在、歩合制を導入している会社は減ってきているため年収が急激に上がるケースは少ないと言えます。

 

宅建資格を活用できる業界は?

宅建資格を活用できる業界

不動産に関する専門知識を持つ人材を求めている業界は多くあります。

宅建士の資格を生かせる業界について解説していくので、ぜひ資格取得前にチェックしてください。

 

不動産

重要事項説明など、不動産業界には宅建の有資格者にしかできない仕事が多くあるため、宅建士に対する需要は非常に高いと言えます。

宅建士資格を持っていて当然だと考えている会社もあるので、不動産業界での就職を目指す方であれば宅建資格を取っておきましょう。

 

不動産以外の業界

宅建は不動産関連の資格であるため、不動産業界以外で役立たないと言われることもあります。

しかし複数の事業を手掛ける建設会社では、重要事項の説明等を行える宅建士が必要です。

 

また金融業界では融資の判断を正確に行うため、不動産に関する深い知識を持つ宅建士が求められています。

一見全く違う業界に見えても、不動産を扱う会社はたくさんあります。

宅建資格を生かした就職を目指す方は、行きたい会社の業務内容をチェックしてみましょう。

 

宅建資格が活きる職種について

宅建資格を取得した後、具体的にどんな仕事に就くかイメージできないという方は多いはずです。

ここからは宅建資格で得た知識を生かせる職種と求人の状況について、解説していきます。

 

営業職

不動産営業職では、不動産の知識が不可欠となるため宅建資格が求められます。

宅建に合格できるくらい勉強をしていれば、法律的なリスクを避けられるようアドバイスができるので、お客さんからの信頼も得やすいです。

またどの業界でも営業の人材は不足気味なので、宅建資格に加え営業の経験もあれば多くの会社で歓迎されるでしょう。

 

営業職以外

営業職以外でも、用地取得の仕事などの宅建資格が役立つケースは多くあります。

不動産の売買では専門知識が必須となるため、宅建資格保有者の需要は高いです。

しかし不動産業界では営業職の募集が圧倒的に多いため、営業職を中心に就職先を探すのが良いでしょう。

 


あなたにおすすめの記事

-資格

Copyright© もしだい.com , 2020 All Rights Reserved.