モチベーション 勉強

自信をつける方法|4つの方法と自信をつけるための習慣について考える

更新日:

 

自信ってどうやってつけるの?

 

自信を持って堂々としていたい!

 

自信が欲しいけど、具体的に何をすればいいか分からない・・

 

こんな風に考えている人に向けて、この記事では解説しています。

今よりも自信をもって行動したいと考えている人には、特におすすめの記事になっています。

 

 スポンサーリンク

 

 

自信をつける方法

自信をつける方法について解説していきますが、自信は外面の変化と、内面からの変化によって生まれる2種類があります。

外面の変化では短期間で軽い自信が得られて、内面による変化からは長期間続く強い自信が得られます。

 

様々な面からの自信は人を強くし、態度や行動に繋がって、より良い結果に導いてくれるでしょう。

では具体的な、自信をつける方法について紹介していきます。

 

勉強によって、知っている事を増やす

まず1つ目の自信をつける方法は、「勉強によって、知っている事を増やす」です。

知っている事が増えれば、様々な事のつながりが分かり、仕事・人間関係・将来予測という観点から、大きく自信をつけられます。

 

短期的に身につくものではありませんが、毎日知識を積み上げることによって、社会の仕組みや人のニーズ把握ができるようになり、質の良いアウトプットができるようになります。

「分からない事が多い」から「分かる事が多い」に変化する事で、不安が自信に徐々に変わっていくでしょう。

 

お金をより多く稼ぐ

2つ目の方法は、お金をより多く稼ぐことです。

お金を稼ぐ方法はいくつか考えられますが、単純な時間給によるものではなく、能力によってお金を稼ぐことが大きな自信に繋がります。

 

例としては「自分のコミュニケーション能力によって高い売上が生まれた」「自分のプログラミング能力によって、より良いサービスが作れた」というのが挙げられます。

これらの成果によってお金を得られると、自分の力で稼いだ感覚を得られて、強い自信が得られるでしょう。

 

身だしなみを整える(おしゃれに気を使う)

3つ目の方法は「身だしなみを整える」です。

内面の変化も重要ですが、身だしなみを整えた事による外面の変化も、自信や堂々とした振る舞いに繋がります。

 

髪型・服装・体型・清潔感という要素で、ある程度の基準をクリアできれば、人間関係において信頼を獲得しやすくなります。

定期的なメンテナンスの必要がありますが、日々のチェックを怠らなければ、自信をもてるようになるでしょう。

 

様々な経験をする

4つ目の方法は「様々な経験をする」です。

これは1つ目の「勉強によって、知っている事を増やす」にも関連していますが、多くの実体験は人を成長させます。

 

他の人がしたことない経験をする事によって、分かる事が増え、思考や行動に幅が生まれます。

毎日同じことを繰り返すのではなく、新しい発見を得られるように行動してみましょう。

 

自信による変化

次に、自信を持てるようになった際の変化についてです。

分野にもよりますが、自信が身に付けば発言や行動において安定感が生まれ、周りから見た時に風格ある雰囲気に見えるでしょう。

自信を持てるようになるまでの、過程について考えていきます。

 

なぜ自信がなかったのか

なぜ元々、自信がなかったのかは人によって様々です。

身体的コンプレックス・家庭環境・頭の良さ・学歴など、多様であるため原因を明確にするのは難しいです。

 

しかし、なんとなくではあるものの、自分自身ならその原因を、ある程度は把握しているはずです。

その原因を解消するためのアクションをとる事で、不安を自信に変えることができ、人として成長ができるでしょう。

 

不安から自信へ

ちなみに私は身体的コンプレックス(背が低い)によって、人の視線が怖く、おどおどしているようによく見えていたようです。

ですが今となっては容姿を補うために行動を起こし、勉強や経験という面から、自信が持てるようになりました。

 

このように「自信がない」「堂々と行動ができない」という人は、自信をつけるための方法を参考にして、自分なりに行動するのをおすすめします。

不安を自信に変える事で、日々の生活を少しずつ楽しい物に変えていく事ができるでしょう。

 

モチベーションを向上させる3つの方法を紹介!|気持ちを爆上げする方法とは

  何かを頑張りたい!そう思う時、モチベーションが欲しくなりますよね。   将来大金持ちになって豪華な生活をしてやる!!とか   最高の料理人になって美味しいご飯作りたい ...

 

自信をつける習慣

では次に、自信をつける習慣についてです。

 

冒頭で紹介してきた、自信をつける方法を実践しても、すぐに自信は身に着きません。

もちろん短期的に力を発揮する外面的変化の方法もありますが、能力などの内面的自信は習慣化された方法でしか、身に着けられないでしょう。

努力を習慣化させる事で、じわじわと自信が身に付き、それは自分にとっての一生の武器となります。

 

しんどくても、努力を続ける

自信をつけるための習慣として、努力をやめずに続けることは、自信獲得のための大きな一歩となります。

「努力は人を裏切らない」とよく言われますが、方向性が間違っていなければ、努力は人を裏切りません。

 

1週間努力を継続して、終わってから7日間を振り返ってみると、努力をしなかった時と比べて、成長している自分が分かるようになります。

このサイクルを繰り返すだけで、いつの間にかステップアップしているでしょう。

 

たまには、自信が欲しい理由を思い返す

2つ目は、「自信が欲しい理由を思い返す」ことです。

目の前の事に一生懸命になっていると、自分は何のために頑張っていたのかを忘れてしまいがちです。

 

最終的な目標に目を向けず、目の前の結果のために行動していると、なぜ自信が欲しかったのか、なぜ頑張っていたのかが、よく分からなくなります。

そのため、たまには自信が欲しかった理由を思い返し、手に入れたかったものを明確にイメージしてみましょう。

そうする事で、努力を継続するモチベーションが得られます。

 

もし心が折れたら、1日休憩する

3つ目は「心が折れたら1日休憩する」です。

努力を続けていると、精神的・肉体的に疲れたり、自分の周りの人たちが楽しそうに見えたりして辛くなる時があります。

その状態でも頑張れる精神力があれば、そのままで大丈夫ですが、気持ちが続かない事もたまにはあります。

 

日々の努力によって、心がもし折れたら1日程度空き時間を作って、心を回復させましょう。

 

何のために頑張るのか|夢を見て、頑張って、行動して人生を変える

  よし、モチベーションも上がって何かやる気になった!少し頑張ってみよう!   でも一体何を頑張ればいいんだろう、、?   そんなふうに思っている人に向けて、この記事は説 ...

 

自信における注意点

自信によって得られる効果は、生活の中でとても大きなものとなるでしょう。

しかし自信を持つ事によって、気を付けなければいけない注意点も存在しています。

 

過信してはいけない

自信をつける方法や日々の努力によって、自信を獲得しても過信をしてはいけません。

 

過信する事は、人を見下したり、自分の能力を過大評価するようになってしまったりするためです。

努力を日々重ねても過信せず、より強い自信を得られるようにアクションを起こしましょう。

 

まとめ

自信をつける方法・自信をつけるための習慣などについて解説してきました。

 

元々、私は自信を持てるような人ではなかったのですが、努力を継続した事によって、ある程度の自信を得ることができました。

自信を持てていない人は、得意な事を作るために努力を継続し、自信を自分のものにしていってみて下さい。

 

最後まで読んで読んでいただき、ありがとうございました(*'▽')

 


あなたにおすすめの記事

-モチベーション, 勉強

Copyright© もしだい.com , 2019 All Rights Reserved.