お金の勉強 ライフハック

リバースモーゲージの条件やデメリットは?|注意点について分かりやすく解説

更新日:

 

 

老後の生活が心配・・ 住宅ローンどうしよう・・

人生100年時代といわれる環境の中で、社会人リタイアした後の生活に対して不安をもっている人は多いですよね。

 

この記事では老後の生活に役立つリバースモーゲージの内容について、わかりやすく説明しています。

初めに概要と流れを説明して、その後に注意すべき条件やデメリット、メリットというテーマの流れで説明しています。

 

 スポンサーリンク

 

 

リバースモーゲージとは

 

リバースモーゲージとは、老後に資金が必要になった高齢者が不動産を担保に金融機関または自治体から、お金を借りる仕組みのことを言います。

 

高齢者が所有する土地・住宅などの不動産を担保にすることができ、定期的に、あるいは一括してお金を借りることができるため、生活費用や車購入などの費用に余裕を持って使うことができるようになります。

 

リバースモーゲージを終了するには、借りいれた高齢者の死後もしくは、借入期間の終了後に借りたお金を返済することが条件としてあげられます。

借り入れたお金の返済方法には相続した人が返済を行うか、不動産売却によって返済が行われます。

 

通常のローンとは反対に、借入を起こしたその後に返済する方式であるため、リバースという名前が付けられました。

最近のリバースモーゲージ事情として土地や不動産の評価額が、少子高齢化や人口の首都圏集中によって減少し、それに伴い実績も伸び悩んでいるようです。

 

リバースモーゲージの流れ

 

リバースモーゲージを行うための流れとして、それぞれの金融機関や自治体、信頼できるFPに相談して資料を入手します。

 

それぞれの内容の比較を行い、自分に合った機関に申請を行います。

 

その後、担保にしたい自分の不動産の審査を通過すれば、現金が口座に振りまこれるという流れになっています。

 

デメリット

 

次にリバースモーゲージを用いることによるデメリットを説明していきます。

 

長生きした場合、補填額が借入額を上回る可能性

 

老後の資金をリバースモーゲージでまかなう場合、予定以上に長生きすることによって、使用するお金が借入額を上回ってしまう可能性があります。

この場合には担保にした不動産評価額に加えて、追加で支払う必要がでてくるので、社会状況やこれからの綿密なライフプランをしっかり計画する必要がありますね。

 

心配がある場合には一人で考えるのではなく、専門家であるFPに相談することをおすすめします。

 

不動産評価額の下落の可能性

 

将来の不動産の価格がずっと同じである可能性は高いとは言えません。

リバースモーゲージを行う当時の不動産評価額を目安にライフプランを設計すると、これから先に不動産の価格が変動した際に予定していた額を借り入れられないという場合があります。

 

相続時のリスク

 

3つ目に相続する際のリスクがあげられます。

 

もし家を相続することになった場合、相続が発生してから6か月以内に借入額を返済しなくてはいけません。

このような場合には身内内でトラブルが起きる可能性があります。

 

この3つ以外にも住み替えができなくなるリスクや、プランによって毎年の借入額が予定より少なくなったりするなどの可能性がデメリットとして挙げられます。

 

 スポンサーリンク

 

リバースモーゲージの条件

 

リバースモーゲージの注意点として、担保にできる不動産に一定の条件があります。

例えば、東京や大阪などの都道府県に限定されていたり、駅や銀行、中心街から半径何メートルなどの制約が存在します。

 

このような制限やルールを知っておかないと、自分の不動産を担保にできるか分からないので、近くの金融機関などに相談してみてくださいね。

また金融機関だけでなく、地域の自治体もリバースモーゲージを行っている場合もあるので、金融機関に加えて地域自治体にも相談することを忘れないでください。

 

メリット

 

リバースモーゲージによるメリットを紹介していきます。

 

現金取得による安心感

 

まず1つ目に、自由に使用できる資金を取得することで、安心感を得られます。

 

老後や自分の死後に、資産として不動産が残っても使用できないのであれば意味がありません。

実際に介護の問題や、不動産の相続でトラブルに・・ なんて話よく聞きますよね。

 

このようなトラブルにならないようにリバースモーゲージを使って、不動産という資産ではなく手持ちの現金として残し、それを利用すれば介護費用を自分の子供が負担する必要はなくなります。

 

利息は使用した分だけ

 

次に使用した分にしか利息がかからない点が2つ目のメリットとしてあげられます。

担保にした不動産の評価額が1000万円で、借り入れた現金が口座に振り込まれた場合に1000万円すべてに利息がかかるとかなりの額になってしまいます。

 

しかし、リバースモーゲージでは実際に使用した分にしか利息がかからないので、良心的な制度ともいえるでしょう。

 

使用目的が自由

 

最後に3つ目のメリットとして、リバースモーゲージでは使用目的が特に決められていないことが挙げられます。

 

介護費用や生活費用に使用用途が限定されていては、自由がなく不便ですよね。

しかし旅行や車両の購入、趣味にあてることも可能なので、老後を充実させたいという人にもとてもおすすめの制度だといえます。

 

まとめ

 

リバースモーゲージの特徴をメリットデメリット、条件について紹介してきました。

 

私にも両親がいて老後の生活を心配しだす年齢になってきました。リバースモーゲージを視野に入れるには少し早いですが、5年・10年経過した時にリバースモーゲージをおすすめしようと思います。

 

今回の記事でリバースモーゲージの概要について説明しましたが、実際の案件について知りたい。専門の人と相談しながら考えたい。という場合にはFPに相談するのがおすすめです。

 

私もFP2級は取得しているのですが、実務はしていませんからね笑

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*'▽')

 


あなたにおすすめの記事

-お金の勉強, ライフハック

Copyright© もしだい.com , 2019 All Rights Reserved.