政治・経済 金融

ハイパワードマネーとは?|マネーサプライを生み出す信用創造機能などから解説!

更新日:

 

 

ハイパワードマネーとは

ハイパワードマネーとは日本銀行が発行する現金と、金融機関が日本銀行に預けている準備預金を合計したお金の事を指します。

 

ハイパワードマネーに含まれる現金には、個人や企業が使っている一般的に流通しているお金と、金融機関が預金の払い出しに備えて保有している手持ち現金に分けられます。

 

準備預金とは金融機関が預金残高に応じて、日本銀行に預ける義務がある預金のことを指します。

そのため各金融機関は中央銀行である日本銀行に、預金口座を開設して一定の準備預金に達するように、調整しながら預金を行う必要がありました。

 

またハイパワードマネーは、マネタリーベースやベースマネーと呼ばれることもあり、ほとんど同じ意味で用いられています。

 

中央銀行とは?わかりやすく解説|3つの役割について

    経済や金融の分野についての情報を得たり、勉強したりしていると、必ず出てくる中央銀行というキーワード。   中央銀行って聞いたことはあるけど・・   中央 ...

 

ハイパワードマネーの由来

ハイパワードマネーの名前の由来は、金融機関の貸し出しや債券の投資を通して供給が増える事により、本来あるはずのお金がそれ以上に生み出せる事にあります。

マネーサプライを生み出す力を持ったお金であるため、ハイパワードマネーと呼ばれているですね。

 

また、マネーサプライのベースになるという意味から、ベースマネーと呼ばれることもあるようです。

 

ハイパワードマネーの重要性

ハイパワードマネーとは?、マネタリーベースとは?という所だけ理解しても、ほんの一部しか分かった事になりません

ハイパワードマネー自体について解説してきましが、その後がとても重要です。

 

それはマネーサプライや信用創造機能、日本銀行、預金準備率などを考えて行く上で、外せないキーワードになっているからです。

 

 スポンサーリンク

 

 

マネーサプライとは

ハイパワードマネーから金融機関の機能である信用創造機能によって、作り出されたお金をマネーサプライと呼びます。

簡単に説明すると、金融機関から供給されるお金の量を示します。

 

例を上げてマネーサプライについて解説していきます。

 

マネーサプライの例

例えば日本銀行が金融機関に1億円を供給したとして、預金準備率を10%だとします。

つまり金融機関は1億円を受け取っても、1000万円を準備預金として残し、あとの9000万円を貸し出しに使うことができますよね。

 

そしてその9000万円の貸し出しを受けた人が、違う何かの支払いのために9000万円お金を使用すると、支払いを受けた人の口座には9000万円が入金されることになりますよね。

入金を受け入れた銀行は初めの手順と同じように、準備預金として10%の900万円を残し、8100万円を貸し出しに回すことができます。

 

このように貸し出しと預金の取引が無限に繰り返されると、本来は1億円しかなかったお金が市場には10億円のお金があることになります。

元のお金の1億円に対して利用されているお金は10億円になり、10倍のお金がマネーサプライとして扱われます。

 

信用乗数・信用創造

この10倍である倍率のことを信用乗数と言い、市場に存在するお金の供給量はハイパワードマネーに信用乗数を乗算したもので表されます。

 

つまりマネーサプライの増減はハイパワードマネーと信用創造をによって調整され、コントロールする事ができます。

 

しかし信用創造を理論通りに機能させることは難しく、銀行のお金を貸し出す方針や社会の情勢によって、マネーサプライの量は大きく影響を受ける事になります。

 

超低金利などによる金融機関への不安は銀行預金以外の金融資産へ、資金がシフトする理由の1つになっています。

こうした環境下では信用創造機能は低下し、マネーサプライの量は伸びないことになるでしょう。

 


あなたにおすすめの記事

-政治・経済, 金融

Copyright© もしだい.com , 2019 All Rights Reserved.